ホッチキス 左上 標準 社会 ルール うざい

【 ホッチキス は 左上 が 標準 だ! 】これ、なんなの?

【 ホッチキス は 左上 が 標準 だ!】これ、なんなの?

 

お疲れ様です。ユートウリです!

今日は新卒の同期、あるいは、誰もが一度は

うざっ!

と思ったことがありそうな

細かすぎる社会の標準化に言及します!

 

今日の会話を抜粋!

表の作成をしていたユートウリ。それを先輩に提出しにいった時のことです。

課長「なんで、グラフのこの線が太くて、ここがちょっと細いの?」

僕「すみません、次からは気をつけます」

課長「いくら社内用のだからって言ってもさ、気をつけてね」

少し前にホッチキスの位置で怒られたユートウリ

肩をすぼめて自席に戻ったのであった。。。

 

うんうん、きっとこれが社会のルールってやつなんだろう。

だがしか~し、

 

今の時代をふまえた上で、作られたルールなのだろうか?

 

昭和の時代は、作れば売れる時代、

求められるのは画一的な能力、言われたことをこなし、生産性をあげて資本社会を支える、そんな時代

だけど、今はテクノロジーによりスピード化が更に加速され、ブロックチェーンなどの技術が価値観を多様化しています。

そこでホッチキス左上が標準だの、ここの線が細いだの、これらってすべて当てはまってなくないですか?

自由な発想には社会のルールとかいう謎のブレーキがかかり

スピードは慎重になり衰えて

価値観の多様性は、標準化により失われる

そんな気がしました。

 

ドラゴン桜を書いた三田紀房が、銀のアンカーで

社員の意識が内に向いている会社と外に向いている会社があるというような説明をしていました。

 

つまり、

 

会社の中を軸に物事を考えるのか?

 

それとも

 

外(顧客)を軸に物事を考えるのか?

 

ということです。

 

もちろん、ルールには従いますが、

どっちから生まれた注意だったのか?

そこを知りたいユートウリでした!

 

これから働き方改革にちなんだ記事を増やしていきます

ご拝読、ありがとうございました!

関連記事

【新卒が最強だ】

【新卒の意見は僕が言う!】僕を講演会によんで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA