これからは理系?いや、文系の時代【 就活 転職 】

【社会人 友達 出来ない】SNS効果で解決できるんじゃね?

【社会人 友達 出来ない】SNS効果で解決できるんじゃね?
ユートウリ
【社会人 友達 出来ない】
SNS効果で解決できるんじゃね?

 

利害関係から始まる関係

社会人になったら全然友達の輪が広がらなくなった。
誰もが一度は思ったことがあると思うし、聞いたこともあると思う。
就職前は、学校とかで何かしらの友達はできていた。
だけど、社会人になると関わる人が上司だったり取引先だったりする。
“利害関係”が先に来てしまう。
取引先であれば、売る人と買う人がいる。
もちろん対等な立場で話をすることは、なかなかできない。
上司と部下も会社の利益を最大化させるという目的で集合した組織になる。
学生生活のように、利害関係が間に存在していない関係というものを構築するのは非常に難しい。
 

新卒 若手 交流 イベント コミュニティ 人間関係 会社外

 

友達求めている人多いんじゃね?

そして、この問題はおそらく結構長く続いてきたものだと思う。
※親族には確認済。やっぱり社会人になってからの友達はなかなかできないと言っていたね笑

全員が友達多いほうがいいと思っているとは考えていないけど、友達と遊ぶっていう充実感はみんな同じだと思う。
意外と新しい友達、人間関係を望んでいる人は多いんじゃないかな。

この問題にSNSっていうテクノロジーを活用してみよう。
今の時代SNSっていうものが出てきた。
知らない人にも情報を届けられる凄まじい機能。

 

SNSで大実験

私はそこで実験をしてみようと考えた。
ある一つのコミュニティを創り、そのコミュニティのコンセプトと集まる層を決める。
コンセプトは”会社の外を創ろう”
集まる層は”大卒の新卒~若手世代”

つまり同世代に向けてコンセプトを発信し、共感してくれる人のみが集まる環境を創ることができればこの問題は解消するんではないかと。新しい友達ができるのではないかと。

Aさんという人はベンチャー企業に就職をして同期も少なく、呑みに行く仲間を探している。Bさんも全く同じ環境としよう。
二人が飲み屋で隣の席になっても多分話すことなく終わるだろう。
お互いがお互いを求めているのに。
月9の石原さとみさんのような状況になっている。
若手祭@大卒では各月で趣味を共有するイベントを行っている。
若手祭@大卒が発信をし続けて、規模を大きくし続けた場合、おそらく彼らはコンセプトに共感してくれて足運んでくれる。
そこでお互いのことを認識して話すきっかけが生まれる。
人間関係の完成である。
また各月で行っている定期イベントなので1回目で知り合えなくても、通い続ければ、自然と顔見知りになる。
つまり徹底的に会社の外を探しているフッカルに向けて発信をし続ければいずれこのコミュニティは認知されサービスとして貢献ができると思う。
あと1、2年もすれば大きな波が来るような気がしている。
その時までにイベントの質を高めておかなくちゃいけない。
100人規模でも対応ができるようにルールを1つ1つ考えていかなくて行けない。

 

小さな話じゃないよ

私はSNSを使って大きな実験をしている。
このコミュニティの中で新しい人間関係が生まれ、刺激が生まれ、何か新しいものが生まれてきてくれたら嬉しい。
だけど人間関係の促進にはその力があると思っている。
この世代がいずれ前に立つ時代が来る。
今は入社して1~3年目程度だが、あと10年もすれば私たちの世代が前に立つ。
その時に
東京だけでなく、日本全体を盛り上げられるようなコミュニティになっていると思う。
私が行っているのはそれくらい大きな実験なんだ。
10年後どのような形になっているか楽しみで仕方がない。
そのワクワクと大きなビジョンを胸に秘めて今日できる小さな事を一つ一つこなしていく。

 

良かったらNOTEフォローしてください!
【社会人 友達 出来ない】SNS効果で解決できるんじゃね?

 

新卒&若手限定の交流コミュニティ若手祭@大卒を行っております。
会社の”外”を創るコミュニティとして活動を行っております。
各月でイベントを開催しており、呑む場所と趣味をシェアする場所を共存させています。
平均参加者数30名ほどで開催をしております!
会社の”外”にも人間関係を作っておきたい方、ぜひ一度覗いてみてください!
新卒 若手 交流 イベント コミュニティ 人間関係 会社外

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA