くそコミュニティと上京したての話

くそコミュニティと上京したての話

くそコミュニティと上京したての話
ユートウリ
ご覧いただきありがとうございます!
新卒~若手世代の1大コミュニティを創りたい若手です

 

上京憧れ

私が上京したのは就職の時、大学卒業時だ。
高校の友人が大学時代に上京を果たし、大学1年の夏に遊びに行って以来東京にあこがれを持っていた。
大学にその友人といったときにまぶしすぎた。
地方の大学にはない華やかな要素が多すぎた。
なぜ大学時に上京をしなかったんだ、、、その思いが大学時代にずっとあった。
後悔の数で言えば、ソナーポケットをはるかに凌いだという自負がある。
と言いつつも、
大学時代に友人に恵まれ、たくさんの思い出をみんなで作ってきた。
いざ上京したはいいものの、気軽に誘える友人の数がぐんと減った。
 
雲一つないきれいな空のように何もかもがなくなった気がした。。。

 

くそコミュニティ

だから色々な呑み会やパーティに顔を出した。
早く東京に馴染みたかったのだ。
そこで多くのコミュニティを目にした。
タイトルにもある通りくそコミュニティだ。

5000円近く支払い、紙コップとナッツだけのイベント
(2,3回ドリンクを注ぐとダイエットに成功したときの皮膚のようにブヨンブヨンになる)主催者だけががんがんと前に出て新規さんポカーンのイベント
(敬語という概念がなく、かなりアメリカンな所だった)
一番タチが悪いのは
交流が目的ではなく、商品を売るために交流を行っているイベントだ。
もちろん最初にそういう集団ですって説明は全くない。
巧妙に隠し、さも友達になりたいテイで入ってくる。
蓋を開けると人生は一期一会だとか不労所得だとかそういう話をしてくる。
地方にいるとそういう意識がなかったが、利害関係でつながってくる人が居るということを思い知る事となる。
あの手合いは本当に傷つく。
楽しく話していたあの時間は作られたものだったのかと感じてしまう。
目の前で必死に空気清浄機を売ろうとしている人に言いたかった。
私とあなたの想い出もこの空気清浄機でマイナイスイオン分解してくれないかと。

 

若手祭は、、

そんな中でも
楽しいコミュニティもいくつか出会うことになる。
そういうコミュニティに共通しているのは主催者が胡散臭くない事だった。
結論は非常にシンプルで、
“イベントとかコミュニティというのは主催者と友達になれるかどうか”
このシンプルな回答がイエスならそのイベント、コミュニティは相当楽しめるだろう。

前回も記述したが、
“コミュニティは誰が集まっているか”これが全てで、
主催者の友人もたくさん参加するわけだからそうなるのは当たり前なのだ。

今にして思えば、あの時数々のくそコミュニティに出会ってよかったと思っている。
自分で作るときにはかなり参考にさせてもらった。

“交流”を目的の第一において設計をする癖はあの時に培ったものだと思う。
金額も決して上げすぎず、通ってもらっても負担がない1500~2000円で設定をしている。
コップやナッツもデザインにこだわり、コストコで調達をしている。
人の部分ではそういう利害でつながりそうな人の参加を禁止しているし、
会場においても必ず候補を立てて下見に行き気に入らなければ契約をしない。
それも全てあの日の自分が参加したら楽しいと思うのかどうかで判断をしている。

続けていけばいずれ会社の外を探している人たちに安全なコミュニティとして共通認識が生まれると思う。
生まれると信じている。
あの日の私よ、若手祭@大卒においで!

 

最後まで読んでくれてありがとう~!

良かったらNOTEフォローしてください!
くそコミュニティと上京したての話

 

新卒&若手限定の交流コミュニティ若手祭@大卒を行っております。
会社の”外”を創るコミュニティとして活動を行っております。
各月でイベントを開催しており、呑む場所と趣味をシェアする場所を共存させています。
平均参加者数30名ほどで開催をしております!
会社の”外”にも人間関係を作っておきたい方、ぜひ一度覗いてみてください!
新卒 若手 交流 イベント コミュニティ 人間関係 会社外

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA