前 座れ 新卒 目線

前に座ることのススメ
【就活生!必見!】

前に座ることのススメ 【就活生!必見!】

 

お疲れ様です。ユートウリです!

 

今日は、皆さんにある経験をシェアしたいなと思います。

 

この前、大規模な新人教育のセミナーがありました。

たくさんの企業から新卒が集まって研修を受けるというものでした。

集まった人数は100人近く!!

座席の指定は特になく、自由に座ってくださいという形式で、

講義+グループディスカッションのセミナーを受けました。

つまり

たくさんの業種の新卒が一か所に集まったのです

 

そこで、気が付いたこと

前と後ろで相当な差がひらいているということです

 

差ってなに?

どこでその差を感じたのか?

グループディスカッションのときの話をしましょう!

形式は

近くの席の人とグループを組み、

一つのお題に対してメンバーで結論をだす

そして、発表する

この流れでした。

 

不思議なことに

後ろに行けばいくほど、抽象的で
前に行けばいくほど、具体的になります

例をあげます

 

お題:やる気のないチームメイトがいます。どうやってやる気を出させますか?

やる気ない

 

後ろの答案

声掛け、コミュニケーションを深めてやる気を出させます。

 

前の答案

声がけですが、挨拶はその人の名前を先頭につけて挨拶をします。

コミュニケーションにおいては、まずその人の好きなものを把握して、好きなことに対しての質問をする。

また、共通の目的があれば、それをチームで共有するためにテーブルの真ん中に目的を印刷した紙を置きます。

 

 

さぁ、どっちのグループが欲しいですか?

どっちのグループについていきたいですか?

 

この経験を社長や出世している先輩に聞くと、口をそろえてこの話が出ます。

8:2の法則です

組織の中では2割の人が組織を動かす、というものらしいです。

 

つまり、

会場の中で、
前に座っている2割が
社会や組織を動かしていくのです。

 

就活生の皆さん、想像してみましょう。

あなたは、人事です。

会社の戦力になる人を探しています、それがお仕事です。

前と後ろ、どちらが欲しいですか?

 

就活生に向けた記事のアーカイブは、こちら

関連記事

内定をとりまくる学生だけが知っていること

新卒に求められる能力3つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA