第9回新卒と若手の交流コミュニティ イベントレビュー

第9回新卒と若手の交流コミュニティ
イベントレビュー

第9回新卒と若手の交流コミュニティ イベントレビュー
ユートウリ
第9回新卒と若手の交流コミュニティ
イベントレビュー

 

参加してくれた皆様へ

11/14に若手祭@大卒第8回を開催しました。
今日はそのレビューを主催している目線からしていこうと思います。
このレビューを見て次回参加しようか検討している人の判断材料になってくれたら嬉しいし、次も行ってみようかなてって参加者の人も思ってくれたら嬉しい。

まずは、
昨日足を運んでくれた同世代の皆さん、ありがとうございました。
私自身、楽しかったし、やってみたいことに出会えたイベントでした。
また多種多様なプレゼンが並んで面白かったです。
結構参加者の目線から楽しませてもらいました笑
 
第9回新卒と若手の交流コミュニティ イベントレビュー
 

イベントレビュー

〇プレゼンテーション含め参加者の幅が広い
映画や美術作品の芸術分野から、健康面のエクササイズ、ジム、エンターテイメントからボドゲームからシーシャまで、まだまだいくつかあるんですが本当に幅広かった。
官僚の世界とか占いとかもありましたね笑
やっぱり外を積極的に探している同世代って面白いですね。
色んな情報が流れてくる中でナッツ食べながらちまちまとハイボールを楽しめましたね笑
 
〇会場が思いのほかよかった
これは伝えるべきかわからないですけど、若手祭@大卒っていつも決まった会場があったんですよ。
中目黒の全面芝生が敷いてあるテラスが気持ちいいキャンプ場みたいな会場です。
ただこのコロナ禍の影響で閉店したんですよね。
これはびっくりしました。
今ってイベント自体開催できるかわからないリスクもあり会場押さえるのって基本的に1週間くらい前なんですよね。
その時にいつもみたいに
「お世話になってます~!また借りますね~!」
みたいなフランクなメール送るとすごく神妙な文章が帰ってきたので正座に姿勢を変えてメールを送り直した経緯がありました。
そこで運営の皆と相談しながら候補を挙げまくって急遽決まった会場だったんですよね。
あの時は会社から帰ってきてひたすらPCとスマホをにらめっこして探しました。
そのおかげもあってかすごくきれいな会場で肩の力を抜いてリラックスできる環境でしたね。
若手祭@大卒の会場選びの定義として
交流が促進されるってところにポイントを絞っていて、
そのためにはリラックスできる環境が最適だと考えています。
その条件を満たす会場の雰囲気だったと思います。
 
第9回新卒と若手の交流コミュニティ イベントレビュー
〇リラックス空間を演出できた
芸人さんの漫談がうまくはまっている印象を受けました。
やっぱり最初に”笑い”があると全然違いますよね。
漫才とフリートークどちらも笑いが生まれていたし、初参加の人も結構あそこで緊張感がほぐれたんじゃないなかなと思いますね。
そして、プレゼンターの話を聞く人、周りとお話がしたい人、分かれていたのでこれも嬉しい現象でした。
緊張感が高いままだとこういう現象が起きます。
誰も話さずにみんなプレゼンを見るっていう現象。
ただ若手祭@大卒では聞きたい人は聞いて、話したい人は話していいっていうスタイルを取っています。
とにかく自由な空間を大切にしたいのでそこは嬉しいんですよ。
プレゼンターの方が話しているからみんなで聞いたほうがいいんじゃないかという意見も見えるんですけど私の考え方ではそこに対して否定的なんです。
話を聞いてもらえなかったら悲しい思いはするんですけど、プレゼンターの方も何が足りなかったを考える機会になると思うんですよね。
あくまで若手祭@大卒って人前で話す練習の場を提供しているイベントになります。
ですから、みんなでしっかりと聞きますよってところを担保をしているわけではないです。
だけど、社会ってそういうものじゃないですか?
皆さんも何かしら商品やサービスを扱っている社会人だと思いますが、みんながみんな話を聞いてくれるわけではないじゃないですか。
結構耳を傾けてもらうときって仕掛けとか話し方とかまとめ方っていうのが重要になってくる。
そこまで自分を高めて初めて人は耳を傾けてくれるものだと思っています。
だからそっちのほうがプレゼンター含め全員が長期的な目で見るといい事だっていう考え方です。
 
〇フリータイムで多くの人が残ってくれた
これもシンプルにうれしかったですね。
フリータイムを30分程度確保して残る人は追加で金額をもらうんですけどどうですか~?って言ったら8~9割の皆さんが残ってくれました。
話のネタとしてはやっぱりプレゼンのことが多い印象を受けたし、初めましての人たちが忖度なく話してくれているのを見てやってよかったなと思いましたね。
そういう会社の外の環境に触れておくって絶対将来的に自分を高めると思っています。
だからこそ、こういう場はやり続けていこうと思います。

 

反省・改善点

と、ここまでいい事をずらーっと並べましたが、反省点もいくつかありました。
それは皆さんの責任ではなく、イベントを作るうえでの責任です。
 
1.プレゼンターの声が話し声に負けてしまう
これは結構見られましたね。
音響の設備とかもなかったので1人vs多数の構造だったので負けてしまう現象が見えたかなと。
最低限、プレゼンターの方の声は聞こえるように整備しなくて行けない改善点を見つけました。
音響設備の整った場所にするか、もしくは、話した人は少し遠目で場所を設けておくか。何かしらの対策はいるなと感じましたね。
 
2.プロジェクターが映らない
早めに会場に入った人は知っていると思うんですけど、プロジェクターが全然映らなかったんですね。
運営メンバーの冷や汗を見ることができたと思います笑
やっぱり初めての会場は持ち込みが必要だなと思いましたね。
ちなみに原因は電源コードが違うっていう新喜劇のオチみたいなところでした笑
若手祭@大卒の核となるポイントはこのプレゼン体験にもあると思うので、プロジェクタ、PCの核となる設備はやっぱり慣れるまで持ち込みだねって話をしていました笑

 

最後に

今回の改善点は今後も若手祭@大卒のクオリティを高めていく非常に重要な情報だと思っています。
見直すところは見直したうえで皆さんにもっともっと良いサービスを与えられるように見直しをしていきます。
若手祭@大卒は今後とも会社の”外”を創ろうをコンセプトに続けていきます。
良ければ足を運んでください!
同世代の皆さんのプライベートの充実に少しでも貢献ができれば嬉しいです。

 

#これからの話をしよう
第9回新卒と若手の交流コミュニティ イベントレビュー
 

良かったらNOTEフォローしてください!
第9回新卒と若手の交流コミュニティ イベントレビュー

 

新卒&若手限定の交流コミュニティ若手祭@大卒を行っております。
会社の”外”を創るコミュニティとして活動を行っております。
各月でイベントを開催しており、呑む場所と趣味をシェアする場所を共存させています。
平均参加者数30名ほどで開催をしております!
会社の”外”にも人間関係を作っておきたい方、ぜひ一度遊びに来てください笑
新卒 若手 交流 イベント コミュニティ 人間関係 会社外

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA